バロンフォールズ駅

深い緑の熱帯雨林におおわれた峡谷バロンゴージを通過すると、間もなく次の中継地、バロンフォールズ駅に到着です。

ゴンドラが駅に到着しますと、スカイレールの係員がお客様を笑顔でお出迎えします。係員がお手伝いしますので、ごゆっくりゴンドラからお降りください。地上からの熱帯雨林体験がまたスタートします。

バロンフォールズ駅からは、三ヶ所の見晴らし台へと続く森の散策をお楽しみください。見晴らし台から望む峡谷とバロン滝はまさに圧巻です。

12月~3月までの雨季はバロン滝観賞のベストシーズンとして、毎年多くの人々がこの地を訪れます。 

このバロンフォールズ駅地区では1930年代に水力発電施設の開発工事が行われた歴史があり、開発当時をしのばせる建設機械が現在も数台展示されています。

バロンフォールズ駅は、最新設備の熱帯雨林館Rainforest Interpretation Centreの最寄り駅でもあります。

オーストラリア有数の科学研究組織、連邦科学技術機構(CSIRO)との共同開発によるこの施設には、熱帯雨林に関するさまざまな情報を対話形式で学べるコンピュータやビデオ等の最新設備が整っています。

ビデオや写真を見たりコンピュータのタッチスクリーンを操作しながら、ご家族で楽しく生態系の謎を解き明かしてみてはいかがでしょう。熱帯雨林への興味がますます深まります。

次はいよいよ終点のキュランダターミナルです。キュランダまでは1.7km、所要時間は10分です。