レッドピーク駅

スミスフィールドターミナルを出発したゴンドラの最初の中継地が、熱帯雨林の奥深くにあるレッドピーク駅です。

全長175mのボードウォークをお楽しみになるには、太古の森に囲まれたこの駅でお降りください。空からの眺めとは一味違う熱帯雨林の様子をご自分の足で確かめる絶好のチャンスです。

レッドピーク駅の周りには、青々と茂るヤシの木や巨大なシダなどのさまざまな植物と野生動物たちがこの駅を取り囲むように生息しています。駅に降り立ったその時から、太古の熱帯雨林へタイムスリップしたような気分が味わえます。

 資格を持つレンジャーによる無料のボードツアーウォークツアーが終日催行されていますので、どうぞご参加ください。熱帯雨林の生態系の魅力を分かりやすくユーモアを交えて解説するこのツアーは、皆さまから大変ご好評をいただいています。

一般の人には見分けがつきにくい貴重な植物について、レンジャーが丁寧にお教えします。熱帯雨林に関するご質問にも喜んでお答えしますので、どんどんお尋ねください。

熱帯雨林やこの地域固有の動植物に関する説明の表示、看板等も設置されていますのでご利用ください。

レッドピークで熱帯雨林の雰囲気をご満喫ください。深い森の中でのリラックスした時間の後は、ゴンドラで再び空の旅がはじまります。次の停車駅はバロンフォールズ駅です。

レッドピークからバロンフォールズまでは、世界遺産リストに登録されたこの熱帯雨林の中でも特に希少価値の高い太古の自然環境をご覧いただけます。 無数の 木々が織りなす陰影とふりそそぐ太陽のきらめきが微妙に交ざりあう様子は、大自然をキャンバスにした一枚の名画にもたとえられる美しさです。

野鳥のさえずりや虫の声をバックコーラスに、熱帯雨林の上層でゆれる葉の中を鮮やかな青色のユリシース蝶が、軽やかなダンスを繰り広げます。

バロンフォールズ駅に近づくころには、険しい峡谷や荘厳なバロン滝の風景が車窓に広がります。峡谷をゴンドラから見下ろすと、そこには水力発電で作動するバロンフォールズ駅が見えてきます。

深い緑の熱帯雨林におおわれた峡谷バロンゴージを通過すると、間もなく次の中継地、バロンフォールズ駅に到着です。