熱帯雨林の語り部

スカイレール・レンジャー

Play
熱帯雨林の物語を語り伝える

レッドピークでは、天蓋を降りて、地球上で最も魅力的で孤立した熱帯雨林のポケットの1つを
探索します。ここでは、ユニークな植物や動物が自然と時間の力を生き延びています。


ここでは、熱帯雨林の遊歩道を案内してくれるこのスカイレールレンジャーの1人に会い、
この素晴らしい環境についての親密な知識を共有することができます。

レンジャーたち

幾億年をかけて創り上げられてきた物語

レンジャーたちはスカイレールの顔であると同時に、この熱帯雨林と周辺地域の継続的な管理や健全性をチェックする重要な役割を担っています。その役割におけるレンジャーの活動は次の通りです。

  • ジェームス・クック大学の熱帯雨林研究者との共同取組みとしてケーブルウェイ地帯に沿って花や果実をつけるすべての樹木のデータを供給
  • 湿潤熱帯管理局およびクイーンズランド国立公園と協力し、バロン渓谷国立公園のより良い管理を推進しています。
  • 固有の植生促進を目的としたスミスフィールド・ターミナル付近の低木地での自然環境再生支援技術の適用
  • スカイレールはエコツーリズムを世界的に牽引し続けます。